FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

シャーペン使い 

IMG_4902.jpg これでも私はイラスト描きでもあるので、絵を描いてお金を頂く。 最近ではいきなりMACで描き出すこともあるけれど、やはり私の世代はまだまだ手描きの安心感が残っている。 手で描くというときに必ず通る段取りとして「下描き」という工程があるが、これがなかなか奥深い。 デザイナーになってはや32年。今まで何枚の絵を描いてきたかなど覚えているはずもない。でも下描きの段階で思い描いたイメージを最後に完成するまで維持できるということはほとんど無い。 だいたいは6がけか7がけ程度なものだ。少なくとも完成作品が下描きのイメージを上回ることなどまず無い。 そういうこともあって下描きの精度をいかにあげ、完成に近づくまで維持できるかということのために私は道具に頼る。 そして下描きは「消せる」という絶対的な条件があるので、概ねそれは鉛筆の類に限定される。 だから完成した絵には鉛筆の線など現れないにもかかわらず、私はこの道具に結構うるさい。 しかも本当の鉛筆ではなく、シャーペンを使う。こういうときにシャーペンより鉛筆を使えと先輩方にいわれそうだが、鉛筆のざくざく感を必要とするとき以外はシャーペンを使う。 理由は一つ。いつも同じ線幅でかけるからだ。鉛筆にはこの芸当はできない。削り立てのときはよいが、しばらくすると先が丸くなり、切れのない線になるからだ。 いつも同じ線が描けるということは、線の太さを変えたいときのためにいろいろな太さが必要となる。そこで上の写真のように何本も必要になるのだ。 手前からよそいき用のシャーペン「ペリカン0.5mm」 次に実用主義の「ステッドラー1.3mm」 シルバーの美しいペン軸は「カランダッシュ」の芯ホルダー2mm. ノック式の2mm。 ウイスキー樽の木でつくった芯ホルダー、 そのあとの超極太2本はなんと5mm。 一番後の変わり種は手づくり万年筆でひと頃有名になった加藤製作所の鉛筆ホルダーだ。ちびた鉛筆でもこれにさせばすらすらと描きやすい軸となる。 これら8本を描く絵に応じて使い分ける。 では最後にその2mmのカランダッシュで描いた仕事絵を見ていただこう。 イラスト これは一件色鉛筆とパステルで描いたように見えるが、実はそうではない。カランダッシュで描いた鉛筆画をスキャンし、セピアの色鉛筆のように色を変換して、そこにデジタルで彩色している。 こういう絵では鉛筆の馴染み具合が大きくものをいうので、やっぱり8本もいるんだ。

関連記事

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。