FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

2015年を振り返って 

2015年(平成27年)もあと4時間を切った。
毎年このブログでも1年の反省や新年の抱負を書いてきたが、今年も懲りもせず書かせていただこうと思う。

全体には活発に動いたつもり
今年目標は「従来のビジネスモデルから脱却」というつかみ所がありそうでないものであったので、何かにつけて「自分が動く」ということが必要だった。
「従来のビジネスモデルから脱却」というのはつまり「待つだけ」のビジネスから「仕掛ける」ビジネスへの転換を意味しているので、まずはそのための「仕掛け」を考えることが必要だ。
そして私はその「仕掛け」のために、2つの入り口を選んだ。

1つ目の入り口は「KDFactory's」
1つ目の入り口として「自分たちの力を発信する」ということを考えた。「待つだけ」では自分たちを知ってもらうことすらままならないという状況をまずは打破したかった。
かといってただ単に営業をかけまくるというのはあまりにも現代的でないし、効率も悪い。そして何より自ら弱い立場に立つ結果が目に見えているので、私は好きではなかった。
幸い今はインターネットという素晴らしい営業ツールがある。しかもデザイン会社というのはクライアントのインターネットによる販促がどうのという割には自社のそれがあまりうまくない。
そこで考えたのはインターネットを利用し、自分たちの今までの経験や実績を活かした商品を発信してみようということだった。
さらにデザインを商品にする以上はある程度法的な後ろ盾がいるし、ハクをつけるためにもブランドを持とうと考えた。つまり商標を取るということだ。
ここでもインターネットという便利なツールを最大限に活かし、「KDFactory's」という名前が登録できそうかをあらかじめ特許庁のホームページで調べ、さらにインターネットで探した東京日本橋の弁理士に依頼し、申請を済ませた。

最初の商品はPattern CollectionとT-shirts Graphics
うちの事務所の最大の武器はアパレル企業に対する製品向けのグラフィックだ。テキスタイルデザインから刺繍、プリントまで28年間に積み重ねた経験はどこにも負けない自信がある。このアドバンテージをまずは製品化した。
それぞれの製品についてはサイト(http://www.garafactory.com/)を見ていただくとして、これが自分たちの最初に試みる商品だった。

「仕掛け」とは
さらにこの商品を持って展示会に挑んだ。それも東京ビッグサイトという超メジャーな会場で行われる「雑貨EXPO」で。ただ、自分たちの実績を商品化し、販売するというだけでは単に「発信」でしかない。「仕掛け」という以上はその先が必要だ。それは「雑貨EXPO」という展示会を選んだ理由に意味がある。
自分たちが得意とするアパレル系の展示会を選ばずに、あえて「雑貨EXPO」を選んだのは、未だ未開拓の業種にKDFactory'sという名前を投げかけたいためだ。そこで展示した商品を切り口に、実際は事務所自体の存在を他業種にアピールし、そこから販売商品以外のうちのビジネスにつなげようという試みだ。
ここまでの戦略が1つ目の「仕掛け」だ。
幸いその販売商品の方も順調に実績を上げ、本来目論んでいた他業種からの受註も何件か獲得した。
そして、その商品を持つことで従来の業務も効率化できるというオマケまで着いてきた。正直ここまでは期待していなかったが、自ら動いたことでの化学反応として喜んでいる。

2つ目はワンストップ・ビジネスの実現
もともとうちの事務所は商品開発から販促まで一貫したデザイン業務を可能としていると公言してきた。もちろん事実であるし、実際手芸品やアパレル系の商品ではその実績も積んでいる。しかし、最終ゴールは「販促」であり、実際の「販売」までは行っていなかった。それは当たり前といえば当たり前で、メーカーからの依頼で商品企画から仕事をさせていただくのだから、販売は当然そのメーカーがするからだ。
ところがKDFactory'sの商品に関してはうち自体がメーカーであるから、当然販売ということも可能だ。というか、必然だ。そこでついに本来のワンストップ・ビジネスが完成した。商品企画から販売まですべてを自分たちのデザインの力で行うのだ。
そしてさらに、もう一つ大きなチャンスをいただいた。
商品のデザインから販促のツール、WEBサイトまですべての段階でデザインをさせていただいていたルーツゴルフの商品を販売するということだ。
インターネット正規販売店というポジションで、自分たちがデザインし、販促した商品を自分たちで販売も行うのだ。
これはゴルフ業界はもちろん様々な業界でもほとんど例を見ないことだろうと思う。デザイン会社とメーカーが協力し、ものづくりから販促、販売までを一貫して行う、画期的なことだと思う。(http://www.kdgolfstore.com/

次の化学変化を求めて
2015年は今までの業務に加え、この2つの「仕掛け」に挑戦し、何とか具現化することができた。
まだまだ荒削りで足りないところも多々あるが、正直ここまでできるとは思っていなかった。
2016年はこのベースをさらに発展、拡大させてコイズミデザインファクトリーの新しい形を完成させたい。「待つ」だけのビジネスから脱し、「仕掛ける」ビジネスをもっと拡大させ、精度を上げ、磨きをかけることで、一気に抜け出したい。

健康も大事
今年は今までおざなりにしてきた「健康」ということを強く意識した1年でもあった。友人が大病をしたり、病死したこともあり、自分がどんな健康状態なのかということを初めて意識した。
自身も2度、得体の知れない胃痛に襲われ、ほぼ救急状態で病院に駆け込んだ。幸いなことに可能な限りすべての検査を行った結果、全くどこも異常がないということだったが、原因のわからない胃痛というのも正直心配だ。
その後全く異常はないが、そのとき検査していない頭についても初めて脳ドックを受診した。こちらも何ら異常はなく、ひとまず現状は健康体であることが確認できたので一安心といったところか。

趣味のこと
もともと趣味やコレクションが多すぎると諸先輩方や友人からいわれているので、新たなものは何もない。ただ、仕事との関わりもあるゴルフについては今までよりも取り組み方が深くなった。まだまだへたくそではあるが、ゴルフの「楽しさ」や「奥深さ」は少し理解できたように思う。12月には比良ゴルフ俱楽部の会員にもしていただき、来年はますますゴルフに対する意識が高まると思うが、やはりもう少しうまくならないと話ならない。
しかも今年は3月に発売された自身のデザインによるクラブでラウンドするという想像もしていなかったことを実現できた。来年の3月にはまた新しいクラブでその経験を重ねることになるが、よくよく考えてみるとこれは本当に幸せなことだ。ルーツゴルフの方々に本当に感謝の気持ちが絶えない。

そうこうしている間に紅白歌合戦も始まり、今年も残りわずかとなった。
振り返ってみて自身の採点をするとすれば85点というところか。
来年には新たに控えている仕事も多い。100点とはいわないが90点以上を目指し、本気でいきたいと思う。
本気というのがどの程度か自分でもなかなかわからないが、その本気というものを感じ取れる1年にしたい気がする。

さあ、もうすぐ期待膨らむ本気の1年が始まる。

みなさまも、よいお年をお迎えください。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/611-142f967e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。