FC2ブログ

サントリー山崎蒸留所 必見 

サントリー山崎蒸留所
京都と大阪のちょうど間に山崎というところがあります。天王山の麓を桂川、宇治川、木津川の3川が合流する古くから交通の要所とされていたところです。
「普通」しか止まらないJRの駅から踏切を渡って少し歩くと、もう天王山は目の前まで迫っています。
その山間にサントリー山崎蒸留所という我が国最古のウイスキー蒸留所がひっそりとたたずんでいます。阪急電車やJRで京都大阪間を行き来する人なら誰でも見たことのある風景でしょう。
この辺りは昔から天王山の麓に広がる竹林で濾されたおいしい水のわき出るところとしても有名ですが、サントリーはそこに国産ウイスキーの聖地を創り上げたのです。

実はこの山崎蒸留所を見学することができます。
ちょっとしたミュージアムとして、半日程度ゆっくりウイスキーのうんちくを勉強し、サントリーの歴史にふれながらミュージアムショップで買い物までできるという実にウイスキー好きにはうれしい施設です。
現在もあの「山崎」を中心に製造されていて、蒸留釜やプレミアムボトルなどを見ることができます。
なんといっても圧巻は樽の貯蔵庫。サントリーのテレビCMでもしばしば登場したあの薄暗い静かな貯蔵庫です。そこには年度別に並べられたオークの樽がゆっくりと時間の流れの中で、あの魔法の琥珀水を育て上げています。たいていの人はここで記念撮影をします。自分の生まれた年の樽の前で。
そうするとその樽の中の魔法の琥珀水がどうしても飲みたくなってきます。
安心してください。そういう人はあなただけではありません。
そんな人のために一通り見学した後、限られた時間ではありますが、ここで作られているウイスキーを無料で飲ませてくれます。「山崎」「響」など結構高くて普段は飲めない銘柄も無料です。おまけにおつまみ付き。
少し飲み足りないな・・・と思う頃に、絶妙のタイミングでタイムアップ。
がっかりしてそろそろとロビーに戻ると、そこにはここ限定のピュアモルトウイスキーの売り場や、自分が生まれた年の樽から出したウイスキーが飲めるバーが用意されています。
さすがはサントリー。よく考えています。まんまとその手に乗ってしまう私のような人は、だいたいがそのほかのグッズもいっぱい欲しくなります。樽の樹で作ったペンや、ピンズ、酒場でよく見かけるあの灰皿まで。

昔のテレビCMを見たりすることもできますので年齢を問わず楽しめるでしょう。

詳しいことはすてきなホームページがありますのでそちらで。
サントリー山崎蒸留所

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/65-3f5ef9bc