FC2ブログ

大阪で万年筆を買う。 2 

つづいて大丸。ここは万年筆に関していうと心斎橋、梅田ともに今ひとつといったところです。万年筆というよりステーショナリー全体にそんな感じです。
メンズウェアのフロアーに雑貨の売り場があるのですが、もう少し大人に振った商品が欲しいところです。

百貨店の最後はそごう。12階は大人のワンダーランドです。書籍、CD、ウクレレ、旅行、アンティーク、カメラ、ミニチュア模型、ステーショナリーなど私のようなおっさんが喜びそうなものがわんさか売っています。ただ、微妙にねらい所がずれているのが気にならないでもないのですが。この辺りは文章で書いてもいまいち伝わらないと思いますので近くの方は是非足を運んでください。万年筆の売り場に関しては、売り場のグレードという意味では百貨店で一番だと思います。以前同じ場所に入っていたテナントの丸善が残していった売り場を受け継いでいますので、ここだけは東京レベルです。万年筆自体の品揃えは5点満点の3.8といったところ。

次に文具屋ですが、これはあまりにも品祖です。銀座の伊藤屋ほどのものを望むのは酷かもしれませんが、大阪ほどの大きな街にしてはお粗末ではないでしょうか。

あと、東急ハンズの売り場にも少し揃っています。ここの特徴はときどきマニアックなフェアをやったりすることでしょうか。中国製の万年筆を特集したり、ガラスペンのSALEをやったりします。そして、大阪に在住の手作り万年筆職人の商品も常時置いています。

阪急梅田の紀伊国屋書店にも文具売り場があって、そこにも同じ手作り万年筆職人の商品が並んでいますが、その他のペンも含めあまり数は揃っていません。

最後にとっておきの穴場。それは、あのヨドバシです。2階のブランド品がおいてある売り場の隅っこに並んでいます。国産品は置いていませんのでブランドの数は多くありませんが、隅っこといってもあの大きな売り場での話ですから、外国製の数でいえば、百貨店を大きく上回っています。しかも、圧倒的に安い。たとえば百貨店でペリカン製28,000円のものなら、22,000円程度です。しかもそれに10%ポイントがつきますので実質19,800円。この差は大きいです。ただ一つ問題は、試し書きができないこと。ディスカウントのつらいところですが、メーカーごとの書き味を比べて買うということはできません。ですからある程度知識のある人が、決めうちで買いに行くというのがベストでしょう。

いずれにしても東京のように大きな文具屋が欲しいところです。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/70-2da1ebd8