FC2ブログ

どうなる大阪駅 

大阪駅

大阪駅がえらいことになってきた。
5月4日伊勢丹三越とLUCUAがついにオープンし、駅ビル全体がその全貌を現した。
北側のバスターミナルやその他一部がまだ完成していないものの改めてその大きさに唖然とする。

現在追加建築中の阪急百貨店、建て替えが決まっている阪神百貨店、先に増床した大丸などとあわせると、なんとあの東京・新宿の百貨店面積と肩を並べるというのだ。

京都の四条河原町に○I○Iができたことなど全くニュースにならないほどのインパクトだ。

大阪駅

これから訪れてみようという人は、まずJRで行くことをおすすめする。家からは阪急のほうが便利であってもだ。
とにかく大阪駅についた瞬間からあの大きな屋根に驚くだろう。ここのインパクトはおそらく日本一ではないだろうか。東京駅や京都駅ビルさえ完全に上回っている。

わたしは5月5日に行ってみたのだが、あまりの広さにすべてを回ることを断念し、伊勢丹三越と増床した大丸に絞ってチェックした。
案の定、伊勢丹三越は開店早々からかなりの人出で、係員が入口と出口を設定し、人の流れをコントロールしていた。
メンズ、レディース、インテリア、どのフロアも人だらけだ。レストランフロアはさらにひどい状態で1時間待ちもざらだ。
大丸のほうはそうでもなかったが、増床した部分に出店した東急ハンズやユニクロはかなりの盛況であった。

大阪駅

書き出すとどんどん長くなるので、私が主に回ったメンズのフロアを次回にレポートしようと思う。
乞う、ご期待。

FC2 Blog Ranking

銀座の夜は華やいで 

銀座5

私は東京へ出張に行くとよく銀座へ行きます。
特に何が目的というわけではありませんが、あの大人の華やいだ雰囲気が好きなのです。

昼は竹葉亭で鰻を食べ、夜はライオンのビアホールで一杯やるというのが理想のスタイルです。
その間、いろいろな百貨店のウインドウやITOYAの万年筆売場をのぞき、つかれたら千疋屋のフルーツパフェで休憩。
元気のあるときは銀座に集中している中古カメラ屋を周り、平つかの和文具やアップルストアも。

だいたいはそれで時間いっぱい帰りの時刻となるのですが、昨年末にいったときにクリスマスのデコレーションで飾られたウインドウの写真を撮ってきたのでアップします。

私の祖父と祖母は約70年以上も前にこのあたりを遊び回っていたようで、その頃のことを想像しながら徘徊することが東京出張の楽しみとなっています。

銀座6
銀座8
銀座2
銀座1
銀座3
銀座7



FC2 Blog Ranking

うらぶれる温泉街 

温泉街

私は温泉へ行くのが好きです。大きな露天風呂にゆっくりつかって、おいしい料理を腹一杯食べ、一杯飲んで気持ちよくなったところでふかふかの布団でごろり。
最高の幸せです。

ただ、最近ちょっと気になるのが温泉街のうらぶれ方です。
慰安旅行や出張先で温泉に泊まると決まって思うのがこのことです。
最近温泉へ行ったことのある人は気づかれていると思いますが、立派な温泉旅館が何軒もあるかと思えば、すぐその横につぶれかけたスナックやおみやげ屋が並んでいたり、もっとひどい場合はある一角がゴーストタウンのようになっていたり。
きっと昔はお客さんがたくさんいて繁盛していたのだろうと思いますが、今では肝試しにピッタリの街並みに変貌しています。
特にこれは北陸や別府、南紀、熱海など古くから有名な温泉街で顕著に見られる光景です。

これもまた今流行の二極化ということでしょう。
ガイドブックに掲載されているような大規模な温泉旅館はいつも宿泊客で賑やかです。なぜならそういった大手は旅館の中にスナックやカラオケ、おみやげ屋、ゲームセンター、BAR、居酒屋、マッサージなどおよそ考えつくものは風俗以外全てそろっていますから、宿泊客が外へわざわざ出て行きません。
その影響でまわりの小さなスナックやおみやげ屋はだんだんと客が遠のきうらぶれてしまうのでしょう。
旅館の方もせっかく泊まりに来てくれた客が外でお金を使うより自分の旅館で使ってくれた方が良いに決まっていますから、あれやこれやと方法を考えます。もともと資本力も人力も違うのですからよほどのことがないとまわりの小さい店は勝ち目がないのです。

ただ、今まで私が行った温泉の中で不思議なくらいまわりの温泉街と大手温泉旅館が共存しているところがありました。
それは、どちらも北海道。登別と阿寒湖温泉です。
この2つは大きな温泉旅館がたくさんあるにもかかわらず、まわりの温泉街にも夜遅くまでたくさん買い物客や飲み歩いている人たちがいて、どの店も活気にあふれていました。

なぜこのような差ができるのかわかりませんが、やっぱり温泉街は夜外へ出て、からんころんと下駄の音を聞きながらみやげもの屋めぐりというのが、私としては情緒があって良いのではないかと思うのですが・・・。
でも、そうはいってもやっぱり大きな旅館で露天風呂の後はカラオケやゲームセンターというのも楽しいなと思ってしまうわけです。

FC2 Blog Ranking

変な看板 

看板

なかなかおかしな看板や広告を見かけることがよくあります。
日本語がおかしかったり、ビジュアルが変だったり。

上の写真は滋賀県瀬田の国道1号線沿いにあった変な看板です。
真ん中の緑地に白抜き文字のものがそれ。

これはいったい「お、お弁当」なのか「おお、弁当」なのか、それとも「お、お、弁当」なのか。
ひょっとすると「おお~、弁当」かもしれない。
いや、「OH!弁当」の日本語訳かもしれない・・・・。

妄想は広がるばかりです。
この「おお弁当」という文字は確かに忘れることができないほどのインパクトがあるので、広告としては「してやったり」かもしれないけれど、かんじんの店の名前や連絡先は一切見えてこないという実に奇々怪々な看板です。

だいたいこれを考えた人や制作した看板業者、そこの店の人たちは、この看板を見ておかしいなと思ったり、意見を言ったりしなかったのだろうか。
それとも考えた本人が夜中にこっそり一人で看板を作ったのだろうか。

ん・・・・・・。
考えれば考えるほど奇々怪々である。

FC2 Blog Ranking

いたずらのセンス 

変な看板

いたずらはいけない。ひょっとすると犯罪になりかねない。
でも、いたずらはおもしろい。そして時に何かしら爽快感がある。

どうせいらずらをするなら、センスのあるいたずらをしなさい。

「空」有りがいつの間にか「ウニ」有り。
なぜか、「トランクルーム・ガレージ」の手書き文字がさらに味を加えている。

まさかこの看板を設置した人が通行人の目を引こうとわざとやっているわけはないと思うが
これを思いついた奴は至極爽快感を感じたことだろう。

近所の小学生はこの看板の前を「ウニ、ウニ!」「ウニ有り」と叫びながら通り過ぎてゆく。

FC2 Blog Ranking

ネクタイはちゃんと締めよう。 

ネクタイ

街で見かけるスーツ姿のサラリーマンのなかで、ネクタイを上手に締めているなあと思える人はホントに少ないです。
特に若い世代にその傾向が強いと思いますが、総じてみんな締め方がゆるい!
きつく締めると苦しいと思っている人が多いようですが、それは大間違い。
締めるときに小剣と大剣を引っ張るわけですが、小剣の方を引っ張りすぎるから苦しいのであって、大剣をぎゅうときつく締めても苦しくも何ともありません。
結び目をできるだけぎゅっと小さく、きつく結ぶことがネクタイを格好良く結ぶ大原則ですから。小剣の方は襟周りにフィットする程度の締め方でいいのです。
そうすれば苦しくなんかありませんし、ちょっとリラックスするのに第一ボタンを開けるときも、結び目自体はゆるめずに、結び目を持って下に引っ張ればそのままの形で首周りだけがゆるむはずです。
そしてもうひとつのポイントは、必ず結び目の下にディンプルを入れること。これでかなり印象が違います。
街で見かけるスーツ姿のビジネスマンで、ちゃんと締められている人はおそらく一割もいないでしょう。だからこそちゃんと締めることでぐっと印象が良くなるはずです。

若いビジネスマンは必修です。
参考になるサイト



FC2 Blog Ranking